ネイリスト 適性

ネイリストの適性、ネイリストに向いている人

ネイルが好き

ネイリストは技術職ですから、練習を繰り返さなければいけません。
ネイルが好きでなければ、練習をするのが苦痛になってしまいます。
ネイリストを目指す人なら、ネイルを愛する気持ちを持っているでしょう。
愛する気持ちを忘れなければ、ネイル検定試験の勉強も乗り越えることができるでしょう。

社会的マナー

ネイリストは接客業ですから、挨拶、身だしなみ、言葉使いなど社会的マナーが身についていない人はお客様を喜ばすことはできません。

 

幅広い年代の人と触れ合うようにする、接客業のアルバイトをするなどで社会的マナーを磨きましょう。

 

美的センス

デザインを考えたり、お客様のリクエストに応えてアートを描いたり、ネイリストは美的センスが問われます。
絵が得意な人は才能を生かせます。
センスに自信がなくても、色彩の勉強やイラスト、デッサンの練習をすれば上達します。

 

手先が器用

小さな爪に絵を描いたり、直径1mmのストーンを並べてラインを作ったり、ネイリストは細かい作業をしなければいけません。
なので、手先が器用な人に向いています。
しかし、不器用でも練習により上達します。

 

自己管理

時間の管理…寝坊をして遅刻をしたり、服装のチェックを怠ったりしないように。
体調の管理…体調を崩して休んだりすると、予約をして頂いているお客様と同僚に迷惑をかけてしまいます。
精神の管理…とげとげしかったり、落ち込んでいたり、暗い雰囲気をしていたりすると、お客様を満足させることはできません。

 

お客様を喜ばせるのが好き

ネイリストはお客様の指先をきれいにして喜んでいただく仕事です。
ネイルの練習をして、技術を高めようとするのも必要です。

 

お客様に喜んでもらうことが好きな人は、お客様と楽しい会話をしようとします。
ネイリストは施術中は、お客様と会話をしています。
世代が違うから、趣味が違うからといって、話を合わせられなかったら、お客様を退屈させてしまいます。
映画を見たり、音楽を聴いたり、絵画を見たり、本を読んだり、旅行をしたり、いろんな話ができるように雑学を増やしましょう。

 

無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

ネイル講座