ネイリスト 資格

ネイリストの資格を取りたい方とは?

 

ネイルは、身だしなみやおしゃれとして定着しています。
ネイルは日常のケアやちょっとしたひと手間で見違えるほどきれいに生まれ変わります。
自分でネイルをされることを楽しみの一つにされている方もたくさんいらっしゃいます。

 

気分に合わせてカラーを変えたり、洋服に合わせてコーディネートしたり、
ちょっとした気分転換やリラックスのために、
ご自分でネイルをしてみるのも楽しいですね。

 

ファッションやメイクを変えて楽しむように、
デート、お仕事、パーティなど、シーンの数だけネールを替えてみると、
お洒落の幅が広がります。

 

ネイル

食器洗い、パソコンなどで指を使うことが多く、すぐに剥げたり欠けたりするからネイルは塗らないという方がいらっしゃるかもしれません。
でも、ネイルを塗ることは、お洒落のためであると同時に、割れやすい爪を強化する効果もあるのです。
日常の動作で、できる限り指の腹を使うように心がけるだけで、ネイルは長持ちします。

 

ネイリストの資格をとりたいという若い学生さんや30歳代の主婦、あこがれの美容業界に就職したいという方、また、安くはない料金を払ってネイルサロンに通うよりも趣味の延長でネイルの勉強したい方が増えています。
20代でネイリストの資格を取れば、就職率90%以上です。

 

美容系の資格は女性が手に職を付けるという意味で人気があります。
美容師はもちろん、メイクアップアーティスト、エステティシャン、アロマテラピー、リフレクソロジー
いずれも女性の資格ランキング常連の資格ですが、その中で今ダントツ人気なのがネイル。
2位がメイクになっていますが、資料請求の数は1位のネイルと10倍も差があるそうです。
3位アロマテラピー、4位リフレクソロジー、5位エステティシャンです。

ネイル

 

ネイリストを目指す女性の世代層の中心は、10代ではなく、20代後半のOLの割合が多いそうです。
20代後半の女性、とくにOLたちがなぜ今ネイルの資格がこんなにも人気なのは、圧倒的な就職率、転職率の高さにあります。ネイリストの就職やネイリストの転職は、ネイリストの資格を取れば、ネイリストの求人がありますので比較的簡単です。
通信講座で就職、転職できるレベルの資格が手軽に取れるのがOLや主婦にネイル資格が人気の一番の理由です。

 

  • 20代のOLです。ネイルは全くの初心者ですがスクールに通いたいと考えています。将来的にネイルで独立を考えています。
  • 30代の専業主婦で、ネイリストの資格をとり、ゆくゆく個人で働きたいと考えています。
  • 専業主婦で30代なんですが、知り合いがネイリストで何度かやってもらううちに自分もネイルの仕事をしたいと思うようになりました。
  • ネイリストの資格をとり、ゆくゆく個人で働きたいと考えています。30代で1歳半の子の母です。現在専業主婦をしています。

 

女性誌のネイル特集やネイル専門の雑誌で見られるように、ネイル市場は右肩上がりで成長を続けています。
日本のネイリストは、世界でも最先端のネイル技術を持つと言われ、世界のネイルコンテストの入賞者には日本人もいます。
カリスマと言われて活躍するネイリストも登場しています。

ネイル

 

そのような憧れのネイリストになるのは、どうしたらよいのでしょうか?
趣味ではなく、プロとしてネイルを施すようになるには、正しい技術と知識の習得が必要です。
一番の近道はネイリストの資格を取得することです。
取得するための勉強によって、プロになるための技術、知識、心構えを養えます。

 

ネイリストというのは、爪という小さな世界に美しさを注ぎ込むことで、人々に喜びや癒しを与えることができるやりがいのある仕事です。
ネイリストは、お客さまの指先を健やかに整える技術職であり、美しいアートで感動を与えるアーティストであり、心を癒すサービス業です。

 

奥の深いネイリストへの道を進みましょう。

 

ネイリストの資格取得で、夢が広がります!

  • ネイルサロンで働く
  • ネイルスクールの講師になる
  • 美容院、エステサロンで働く
  • モデルや女優、タレントの専属ネイリストになる
  • 自宅でネイルサロン開業
  • ネイルグッズの商品企画

 

スクールの通学講座では通学等で拘束される時間が必要になってきます。
通信講座のほうが自宅で空き時間等の自由な時間設定で学べます。

 

リクルートのケイコとマナブでは、ネイルの全国の通学講座と通信講座の資料が無料で請求できます。
ケイコとマナブは一切の売り込み電話がありません!
講座の資料や説明会などのハガキが来るだけです。

無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

ネイル講座